190325-6.jpg みるちんは無関心でした、いつものように